au版iPhoneについて

日経ビジネスで、au(KDDI)向けにiPhoneが発売されるという報道がされて、KDDIの株価が上昇、Softbankは下落と株価にもすぐ反応が出たり。
じゃあ、君は買うの?とかいろいろな反応あったんですけど、自分なりにこの辺ってどうなるんだろう?ってのをまとめて、後で本発表があった際にどうなるのかな~ってのを予想して楽しんでみる。

  1. 料金
    おそらく現状のSoftbankの値段に合わせるくらいかなと。appleの要求的にもそれくらいのことはするだろうな~と。Softbank側は、さらに値下げしてくる可能性があるかな?
  2. 従量制
    もしかしたらこのタイミングで、au、Softbankともにパケット代を従量制に移行する可能性があるかな。
  3. 回線
    おそらくすぐに混んで、つながらない~という、騒ぎになる可能性。
    WiMax付なんぞは無理だろうからなあ。つけてきたらすさまじいけど。
  4. テザリング
    それこそWiMax付出ない限り、解放しないと思う。
  5.  メール(SMS,MMS)
    SNSはCメールなどが各社共通化されたから、すぐに使えるけど、MMSにあたるezwebのメールは、すぐには使えないと思う。そのため、日経本誌で出ていた年明けの提供というのは可能性があるかなと。
  6. 緊急地震速報
    これは、SNSの回線使うから、同時に使えると思う。
  7. SIMカード
    Softbank向けは、マイクロSIMを利用しているけど、auと同じ通信方式のアメリカVerizonは、SIMカードを使用していない。同様にISW11HTことHTCのWiMax携帯については、SIMカードを使用しておらず、もしかしたらSIMカードを使用しない可能性が高い。そうすると簡単にSIMカードを移すだけで、端末変更ができない形になりそうだなと。
  8. LismoとiTunes
    IS12T(Windows Phone)でもISW11HTでも、Lismo使っていないから、普通に使えないだけだと思う。
  9. おサイフケータイ
    使えるはずがない。

こんな感じかな~。
次にSoftbankができて、auができないって事で、混乱しそうなことを考えてみる。

  • iPhone同士なのに、通話料がかかる。
    まあ、ホワイトプラン同士とかじゃないから諦めろと。
  • 通話しながらネットができない
    GMS/W-CDMA系とCDMA2000系の通信規格の技術的仕様が異なるので、auだと通話しながらパケット通信することができないので、ちょっとした違いだけど、人によっては使い勝手が悪いとか、そういうことになるかも。
    でも、日本だとハンズフリー率が低いから、あまり問題にならないと思うと予想。
    あと、WiFiつながっていれば、ネットできるような気がする。
  • WiFiスポットの差
    SoftbankはMcDonaldとかでの、WiFiスポットを設置しているが、当然au版ではその場所は使えない。auも積極的に展開して居るみたいだけど、具体的に見えてこないので、結構ピンチかも。急いで周知活動が必要な部類かな。

まとめたけど、まあこんなもんかな~。
auだけできそうなのは、

  • 電話/ネットが繋がる

この辺しか現時点では思いつかないw
あとは本発表をにやにやしながら、待つことにする。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL