au版iPhoneの答え合わせ

10/14よりiPhone4Sが発売され、無事にauからも提供されるようになりました。
なので、前のエントリーで書いてみた、au版iPhoneについての予想を、答え合わせしてみる。

  1. 料金
    ほぼあたり。
    Softbankの値下げはなかった。見た目auの方がほんの少し高い。
  2. 従量制
    はずれ。
  3. 回線
    予想がにに売れてないみたいで、Softbankよりつながる。早いって落ちなので、はずれ。
  4. テザリング
    あたり。
  5.  メール(SMS,MMS)
    SNSのCメールはあたり。ezwebのアドレスは、基礎技術がIMAPだったため、メールアプリでのIMAP接続ができるようにすることで、対応。よって半分あたり。
  6. 緊急地震速報
    あたり。
  7. SIMカード
    マイクロSIMで、どうもSIMロックレベル2がされていないので、docomoやSoftbankのSIMロックレベルと同じ模様。なので、はずれといっていいと思う。
  8. LismoとiTunes
    当然あたり。
  9. おサイフケータイ
    当然あたり。

んでもって。

  • iPhone同士なのに、通話料がかかる。
    さすがにそこまでの話にはならなかった。が、auがホワイトプラント同じ内容のプランを出してきたのは、ちょっとびっくりした。
  • 通話しながらネットができない
    予想通りSoftbankがこの部分を積極アピールして、通話しながらネットができるんですよ~ってアピール。が、auもWiFiならできますと。そしてほかの突っ込みはSoftbankはそもそも電波入らないだろ~との突っ込み。
  • WiFiスポットの差
    今のところ特に聞かない。が、そのうち出てくるかな。エリア拡大のためLivedoorスポットを買収するなど、積極展開も少し見せた。

ってことで、だいたいこんな感じ。完全に予想外したのは、ezwebのメール対応だったな~。まあ、Softbankの初期のi.softbank.jpと同じ扱いだから、MMSとしてのezwebではないので、ちょっと使い勝手は落ちるんだよね。おまけにPush Notification使えないから、15分毎にアプリ側から新着を取りに行く、悲しい仕様になってしまったのは残念だね。
年明けの工事でMMSにするのか、Push Notification仕込んで、Push通知できるようにするのか、それが見物だということで。
ちなみに一番の予想外は、iPhone5でなくiPhone4Sだったということで、今回は終わり~。

R.I.P Steve Jobs

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL