DB Cache Reloaded Fixではまってみた

一応いろいろ検証用で、アクセスが全くないこのサイトに、WordPressの高速化プラグインのDB Cache Reloaded Fix をインストールしてみたら、見事にはまったのでその解決まで簡単に書いてみる。

導入

http://wordpress.org/extend/plugins/db-cache-reloaded-fix/ からファイルをダウンロードし、解凍後 WordPress のプラグインディレクトリにアップ、もしくは管理画面のプラグインの項目から、DB Cache Reloaded Fixで検索してインストールして終わり。
そしてプラグインの設定画面から有効化して終わり。

すごく簡単なはずでした。が、見事にはまりました。今回はまったエラーは次のパターンでした。

Caching can’t be activated. Please chmod 755 wp-content/db-cache-reloaded-fix/cache folder

エラーの内容に wp-content/db-cache-reloaded-fix/cache のパーミッションを755にしてね~ということだったので、ディレクトリを作成、パーミッションも755にしてこれでOKだね!と作業しました。

動かない!じゃあググれ!

状況が変わりませんでした。
よくあるお約束なので、じゃあ777でどうよ?ということでパーミション変更。これなら書けるだろうということで、見ていたのですが、やっぱり駄目。
仕方が無いのでいろいろググってみると

WordPress高速化プラグインDB Cache Reloaded Fix – サツぽろ、ニッキ。 http://1day.sorezore.net/2011/09/20/13190/

キャッシュは動作していません。wp-content フォルダのパーミッションを 755 に変更してください。
とエラー出る場合は、サーバーのコントロールパネルでPHP5.1.6以上のバージョンか確認してみるとよいかも。

PHP自体は5.3系なので、関係ない。

DB Cache Reloaded導入でWordPress3.1を高速化(coreserver,xrea編) | 某氏のたわごと NEXT
http://1day.sorezore.net/2011/09/20/13190/

xreaやcoreserverではPHPがセーフモードで動作するため上記の方法では導入できません。

さくらのVPSで、セーフモードでもないので関係ない。でも、やっぱりここでもキーはパーミッションと実行状態。

他にもいろいろ見てみるけど、ほぼ全て問題なく動作している模様。
でも、そういうサーバーについては普通のレンタルサーバーっぽかったので、よけに悩む事になりました。

じゃあ、動くサーバーでどうさせようか

むだに悩んでもしょうが無かったので、実際に簡単に動作するのか、他のレンタルサーバーで動作しているWordPressにインストールして実験してみることにしました。

・・・なんの問題なく動作しやがった・・・。@さくらのレンタルサーバー ビジネスプロ

ちょっと頭抱えたくなったのは置いておいて、WordPressもプラグインもPHPもバージョンがそろっているので、環境的にはかなり近い状態になりました。
とりあえず動いているプラグインの状況を確認してみると、

wp-content/db-cache-reloaded-fix/cache

無いんですけど?
はい?って事でもしかしてと思いました。
そしたら、 ありましたよ。

wp-content/plugin/db-cache-reloaded-fix/cache

ってのが・・・。

頭痛い・・・。

と、上記を踏まえ、以下のようにすることで、問題なく動作するようになりました。

chmod 777 wp-content/plugin/db-cache-reloaded-fix

終わり。

以下解説

WordPress上で作成したディレクトリ/ファイルの所有者 apache
FTPでアップロードした際のディレクトリ/ファイルの所有者 ftpuser

よくあるレンタルサーバーのように、上記が同じユーザーの場合には問題なく動作します。
このサーバーのように異なる場合には、WordPress上での自動インストールや、普通にFTPでアップしただけでは、プラグインのディレクトリに対してapacheが書けないからエラーになっていました。なので、apacheが書き込めるように、パーミッションの変更を行いました。
もしくは、 db-cache-reloaded-fixディレクトリの所有者をapacheに書き換えてしまう方法もありますが、これだと管理画面でのプラグインのバージョンアップが面倒になってしまうので、あんまりお勧めできないかなと。
で、今回最大の問題点だったのは・・・

出力するエラーのディレクトリ名間違っているやんけ~~~!!!

ということでした。

続きが出来ました!

DB Cache Reloaded Fixではまってみた その2

この投稿へのコメント

  1. 通りすがり said on 2012年3月11日 at 8:39 PM

    ありがとうございました(*゚ー゚)(*。_。)ペコリ♪

    同じく完全にはまってて、ここで一発解決できました(*^▽^*)

    • ぶろ said on 2012年3月13日 at 4:10 PM

      お役に立てて良かったですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] Reloaded導入でWordPress3.1を高速化(coreserver,xrea編) | 某氏のたわごと NEXT DB Cache Reloaded Fixではまってみた | ぶろろぐ WordPress をたった3分で3倍高速化する方法 [MO Cache] – […]

トラックバック URL