WordPressにWP Super cache入れてみた。

とりあえず今日の結果。

$ ab -n 100 -c 100 http://www.brolog.com/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 655654 $>
Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/

Benchmarking www.brolog.com (be patient)…..done

Server Software: Apache
Server Hostname: www.brolog.com
Server Port: 80

Document Path: /
Document Length: 60832 bytes

Concurrency Level: 100
Time taken for tests: 2.725 seconds
Complete requests: 100
Failed requests: 0
Write errors: 0
Total transferred: 6111000 bytes
HTML transferred: 6083200 bytes
Requests per second: 36.70 [#/sec] (mean)
Time per request: 2724.592 [ms] (mean)
Time per request: 27.246 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate: 2190.34 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
min mean[+/-sd] median max
Connect: 261 1218 636.6 1552 2308
Processing: 0 696 662.2 619 2289
Waiting: 0 523 544.3 492 2047
Total: 660 1914 612.4 1993 2723

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
50% 1993
66% 2350
75% 2450
80% 2472
90% 2510
95% 2555
98% 2693
99% 2723
100% 2723 (longest request)

圧倒的な改善。まあ、予想通りなんだけど、DB Cache Reoadedとか効いているのかなあ?とちょっと思ったり。
というか、ここまで速度差が出ると、標準の機能としてWordPressに出力キャッシュを搭載する必要が来ているんじゃ?と思う。標準で提供できるレベルになれば、いくつかのプラグインとの不整合とかも、何とか調整できそうな気もするしねえ。

とりあえず、ある程度レスポンスよく出来たので、このプラグイン類のセットで、仕事用のサーバーを設定してみようかなと。まあ、どう考えても、あまりにも一般的なセットで落ち着いた気もしないでもない。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL